酒類の販売経験

 酒類販売業免許の付与にあたり、次のような経営基礎要件があります。

  「経歴及び経営能力等 申請者は、経験その他から 判断し、適正に酒類の販売業を経営するに十分な知識及び能力を有すると認められる者」

 酒類の販売業を営む会社などで経営者として酒類販売業務に従事していたことが求められるのですが、具体的にはどのような事かは免許の種類のよって異なります。

一般酒類小売業免許・通信販売酒類小売業免許

 申請者(法人の場合はその役員)が酒類販売業の業務に3年以上直接従事した者、又はその他の業での経営経験に加え酒類販売管理研修の受講した者とされています。酒類販売に従事した期間が足りない場合は、酒類販売管理者以外に担当役員の方は酒類販売管理研修を受講してください。

輸出入酒類卸売業免許

 申請者(法人の場合はその役員)が酒類販売業の業務に直接従事したことは問われませんが、貿易実務の経験が求められます。また、担当役員の方は酒類販売管理研修を受講することを求められます。

洋酒卸売業免許

 申請者(法人の場合はその役員)が酒類販売業の業務に3年以上直接従事した者、酒類販売に従事した期間が足りない場合でも、担当役員の方は酒類販売管理研修を受講しても緩和されません。まずは小売業免許からスタートし、酒類販売に3年以上従事した後に卸売業免許を追加(条件緩和)する方法をお勧めします。

全酒類酒卸売業免許・ビール卸売業免許

 申請者(法人の場合はその役員)が酒類販売業の業務に10年以上直接従事した者、酒類販売に従事した期間が足りない場合でも、担当役員の方は酒類販売管理研修を受講しても緩和されません。

酒類販売管理者標識


06-6948-6396 電話相談無料!!

スマホの方は番号をクリック!

酒類販売業免許申請をお考えの方無料でご質問にお答えします。

このページの先頭へ