お酒を売るには




お酒を売るには酒類販売業免許が必要です。この酒類販売業免許には販売方法、扱う品目、販売先などにより種類が異なります。

販売方法による免許取得方法


 貴金属買取店、リサイクルショップなどが買取ったお酒を販売するための必要な免許について解説します。


スーパーマーケット、コンビニエンスストア、ドラッグストア、百貨店などの店頭で小売販売する免許について解説します。


 居酒屋やバーなどでお酒を販売するために必要な免許について解説します。


 ピザ宅配店や持ち帰り専門弁当店などでお酒を販売するために必要な免許について解説します。


 自社サイトでの販売や、ECモールへの出品などネットでの販売の必要な免許について解説します。


 ネットオークションに業として出品するためための必要な免許について解説します。


 輸入したお酒の販売に必要な免許について解説します。


 お酒の輸出するのに必要な免許について解説します。

品目による販売免許取得方法


 ワインやシードルなどの果実酒を販売するための免許について解説します。


 海外産ウイスキーやジャパニーズウイスキーを販売するための免許について解説します。


 清酒や焼酎などの国産酒類を販売するための免許について解説します。




06-6948-6396 電話相談無料!!

スマホの方は番号をクリック!

酒類販売業免許申請をお考えの方無料でご質問にお答えします。

このページの先頭へ