酒類販売業免許区分及び種類

酒類販売業免許区分と意義

 酒類販売業免許は酒類の販売先によって2つの区分に分類されます。

 酒類小売業免許

一般消費者、料飲店営業者(酒場、料理店など酒類を専ら自己の営業場において飲用に供する営業を行う者)又は菓子等製造業者(酒類を菓子、パン、漬物等の製造用の原料として使用する営業者)に酒類を販売するために必要な免許。

 酒類卸売業免許

酒類販売業者や酒類製造者に酒類を販売するために必要な免許。

酒類販売業免許種類

 販売する酒類の範囲や販売方法によって以下の種類に分れます。

 酒類小売業免許

消費者、料飲店営業者又は菓子等製造業者に対し、酒類を継続的に販売することを認められる酒類販売業免許。

 一般酒類小売業免許

販売場において原則すべての品目の酒類を小売することができる免許。

 通信販売酒類小売業免許

2都道府県以上の広範な地域の消費者を対象としてカタログ送付やインターネット等の方法により一定の酒類を小売することができる免許。

 特殊酒類小売業免許

酒類の消費者等の特別の必要に応ずるために酒類を小売することができる免許。

 酒類卸売業免許

酒類販売業者又は酒類製造者に対して酒類を継続的に販売することを認められる酒類販売業免許。

 全酒卸売業免許

原則としてすべての種類の酒類を販売することができる免許。

 ビール卸売業免許

ビールを販売することができる免許。

 洋酒卸売業免許

果実酒、甘味果実酒、ウイスキー、ブランデー、発泡酒、その他の醸造酒、スピリッツ、リキュール、粉末酒及び雑種を卸売することができる免許。

 輸出入酒類卸売業免許

輸出される酒類、輸入される酒類または輸出される酒類及び輸入される酒類を卸売することができる免許。

 店頭販売酒類卸売業免許

自己の会員である酒類販売業者に対し店頭において酒類を直接引き渡し、当該酒類を会員が持ち帰る方法により酒類を卸売することができる酒類卸売業免許。

 協同組合員間酒類卸売業免許

自己が加入する事業協同組合の組合員に対して酒類を卸売することができる酒類卸売業免許。

 自己商標酒類卸売業免許

自らが開発した商標又は銘柄の酒類を卸売することができる酒類卸売業免許。

 特殊酒類卸売業免許

酒類事業者の特別の必要に応ずるため酒類を卸売することを認められる酒類卸売業免許

  • 酒類製造者の本支店、出張所等に対する酒類卸売業免許。
  • 酒類製造者の企業合同に伴う酒類卸売業免許。
  • 酒類製造者の共同販売機関に対する酒類卸売業免許。
  • 期限付酒類卸売業免許

 その他販売業 免許

 酒類販売代理業免許

酒類製造者又は酒類販売業者の酒類の販売に関する取引を継続的に代理すること(営利を目的とするかどうかは問わない。)を認められる酒類の販売業免許。

 酒類販売媒介業免許

他人間の酒類の売買取引を継続的に媒介すること(取引の相手方の紹介、意思の伝達又は取引内容の折衝等その取引成立のためにする補助行為をいい、営利を目的とするかどうかは問わない。)を認められる酒類の販売業免許。



06-6948-6396 電話相談無料!!

スマホの方は番号をクリック!

酒類販売業免許申請をお考えの方無料でご質問にお答えします。

このページの先頭へ