新型コロナウイルス感染症に関連する国税庁からのお知らせ



 国税庁では飲食店などが料理の持ち帰り販売をする際に酒類も一緒に販売するための免許が設けられました。通常の免許より申請手続きの簡素化・審査の迅速化がなされてています。

国税庁

 今般の新型コロナウイルス感染症に関連して、飲食店での料理のテイクアウト販売の際に、一緒に酒類を販売することが認められる「期限付酒類小売業免許」が設けられました。従来の一般酒類小売業免許と異なり申請手続が簡素化・免許処理の迅速化を図られています。また、販売方法や仕入れについても一般酒類小売業免許とは別の要件となります。

料飲店等期限付酒類小売業免許の新設

 新型コロナウイルス感染症に関連して、飲食店での食事の持ち帰り販売に合わせて、酒類のテイクアウト販売も認めれ料飲店等期限付酒類小売業免許が新たに設置されました。




各団体の酒類販売管理研修開催について

 対策においての各自治体の要請等を踏まえ、3月以降の酒類販売管理研修の開催が中止されています。






06-6948-6396 電話相談無料!!

↑スマホの方は番号をクリック!

外国人配偶者との日本での暮らしをお考えの方ご質問にお答えします。

このページの先頭へ